そらの向こう側 ~Life of Cymbist~

cymbist.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 01日

稲留園芸(千葉県松戸市)

関東出張行ってきました。

1泊2日の弾丸ツアー。


市場に東京ドームの世界蘭展、園芸業界若手の会に花屋さん巡り。

時々、酒かコーヒー。

家に帰ったらなぜか嘔吐三昧。食中毒かと思った。。。


ま、そんなん良いのさ~。


今回のPick Upは~、千葉県松戸市の「稲留園芸」さん。

店主の「とめさん」は笑顔が素敵でとても気さくな方です。アツいです!誠実です!


今、とめさんの所属するFFCNという花屋さんのグループ(http://www.ffcn.info/)が和蘭フェアとうたって、和蘭とり上げて、店頭で紹介してくださっているので、御礼もかねて伺いました。
本当はFFCNメンバーの他のお店にも顔を出したかったのですが、時間をとりきれず、残念です。


d0173438_21254638.jpg

上が、とめさんのお店の和蘭売り場です。
障子も自作でスポットライトもあてて、雰囲気から作ってくださっています。


新しい商材を伝えるために、とめさんの心配りが随所に見られて、とてもうれしかったです。
とめさんが自分で和蘭に関するアンケートを作り、ラッピングが花束を作る間の時間にお客さんに書いてもらう。
これって、例え、そのお客さんが和蘭を買ってくださらなくても、「和蘭と出会う」という経験になる。
そんな演出をご自身で考え、実行されていました。


出荷させてもらっている側として、僕はとてもうれしかったです。



そして、何ともサプライズだったのが、和蘭売り場の横に何と、テーブルシンビ売り場を作ってくださっていたのです。


d0173438_21315483.jpg


当日は僕のサプライズ訪問だったのに、逆サプライズ頂きました♪

しかも、僕の写真まで貼っていただいていて、感激でした♪

花の状態を見ていればわかる。いかに日々大切に商品を扱っているのか。
だから、問題のある品種もわかりやすく現れてくれるし、そのことをしっかりと伝えてくださるとめさん。

この関係を続けられる限り、宿毛にいてとめさんの顔が見えなくても、絶対の信頼をもってしんびすとのしんび届られまっす!!!


店内の光景があまりにうれしくて、ちょっと感慨深くなっちゃってたしんびすとです!


あとは。。。売れてくれ~(笑)


とめさん、近いうち、宿毛に来てくださいね♪釣り行きましょ~!




東京ドームの世界らん展で、インスピレーションかきたてられたものがあったんで、パシャリ!
d0173438_21395987.jpg

ニコライ・バーグマン氏の展示の一部。

大航海時代、ヨーロッパの貴族達はこんな感じの蘭たちをかきあつめたのだろうか。
この根、株を見て、「一体どんな花が咲くのか」と欲望をかきたてられたに違いない。
[PR]

by cymbist | 2011-03-01 21:42 | 共達


<< 臥竜が如く      特別に寄せてよ >>