そらの向こう側 ~Life of Cymbist~

cymbist.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 20日

まぁるい心で

東日本大震災後、はや9日が経った。


日ごとに増えていく死者の数、福島第一原発問題、物資の不足、疲弊していく被災者の皆さん。
メディアの情報もわかりにくいことや誇張し過ぎている部分もあり、何が正確な情報で、何が不適切な情報かの判断も難しい。
多くのことを受け止めるのに、何とも時間がかかる。

僕もそう。

こんな時、「花のチカラ」って何だろう。
花を作っている人として、何ができるんだろう。


悶々としていたけど、それでも花は咲いてくる。
スタッフは一生懸命働いてくれている。

日々は続いていく。望むと望まざるに関わらずってヤツ。


だったら、まずはできることから。


毎日20時~21時は部屋の電気類を消している。(四国電力曰く、四国管内の節電が被災地に与える影響は小さいらしいが、まずは取り組むことで、想いを共有できればと思っている。)
義援金も送ったし、募金もした。
花の作り手として、今後もできることはないかと探している。
こうゆうのは、うれしいことに、たくさんの人が取り組んでいる。

日本は、この国はつくづく美しいと「今」実感している。


現在、8000人弱の死者が確認されており、最終的にどこまで増えるか、まだ見当がつかない状況だけど、それだけの尊き国民の命を失ってしまった事実はもう、くつがえることはない。

だったら、今僕らは、いや、「今こそ」僕らは、改めて身の回りを見渡し、家族・トモダチ・親戚・恋人・ご近所・仕事仲間・・・そうした自分にとっての「世界」でまずは笑顔が咲くように。

d0173438_13175097.jpg

「まぁるい心で」


手を取り合って、この状況から、前を向いていこう!



これは日本に限ったことじゃない。
世界が見ている。思っている。祈ってる。
「人」として、想いをシェアできる時代になってきたんだ。

d0173438_13224672.jpg

「まぁるい心で~Love&Peace、そしてEarth!!~」


壮大なことじゃなくていいよね。


まずは、自分から。
顔を上げて、笑っていくぜよ!




死んだ母方のじぃちゃんが、最後に僕に言ってくれた言葉。
「皆に感謝して生きていかないかん。」
もう、かすれかすれやったけど、力強かった。
じぃちゃん、今、僕が一番大切にしよる言葉やけん。
せっかくの彼岸やけんね。
僕の言葉届いちょるかね?

「ありがとう」
[PR]

by cymbist | 2011-03-20 13:31 | その他


<< こんな時だから      地域・若者不足・高齢化・過疎→... >>