そらの向こう側 ~Life of Cymbist~

cymbist.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:シンビ( 25 )


2011年 01月 14日

過去のお気に入り作品

今日はただの自慢です。はい。

2009年しんびすとベスト作品。
d0173438_2042660.jpg


またまた、ゆきんこちゃんです。
この花大好きなのです。

父が選抜を繰り返してきたと、前回の記事で書きました。
というのも、ゆきんこはもともと、Cym. Hirshima Sweet Eyes ‘Momoko’という桃色の品種で、この品種の中で出た比較的小さい株でも花が付いて、かつ、白っぽい花を選抜したのが最初で、そこから白さを突き詰めてきたのです。
しんびすとは個人的には、この選抜途中のふっくら丸弁でリップがほんのりピンクばんでいる個体が好きでした。

そんな個体を使っての1作。

我が家の竹林からせっせと竹を切ってきて、黒く塗る。
その辺にあった発砲スチロールを黒く塗る。
山梨で研修時代、訳あってひたらモノを黒く塗っていた時期があるので、こと黒くぬることに関してはなかなかに自信がある。

そして、、、完成ぜよ。


いまだに、自信作。
こうゆう表現もアリだと信じたい。
問題は輸送やねって、み~んなに言われた記憶が(笑)




今日から、脱コンビニ・自動販売機宣言したしんびすとでした~♪
[PR]

by cymbist | 2011-01-14 20:13 | シンビ
2011年 01月 13日

シンビジュームってさ。

しんびすとと名乗る僕。

何でそんなにシンビシンビ言うのって聞かれたことが何度もある。

ぶっちゃけ植物全般にからっきし自信なくて、蘭っつっても自信ない。
けど、シンビなら、ほんのちょ~~~っと自信ある。

ってゆうのは、すんごい素直な意見です(笑)


けど、もちろん、それだけじゃない。
シンビジュームってゆうレンズを通して出会ったすっげぇ人達。
たくさんの出会いがシンビってものを通してできている今。
僕がシンビにのめり込んでいったのは、人が先行してる気がする。



そう思うと、ラッキーやったんやねって改めて実感する。




たくさんの人が集まると、面白いことがたくさん起こる。(面白くないこともたくさん。。)
その証拠に、シンビを人が交配して作り上げた「交配種」なるものがめっちゃくちゃ多い。
バラの育種も、パフィオの育種もすっごいけど、シンビの育種の歴史もすんげ~んだぜ。
育種のお話はまた今度じっくり連載予定っす♪


そして、シンビは複茎性という性質を持つ蘭です。
これがめっちゃしんびすと的つぼなのです。
この複茎性という性質とシンビの持つ丈夫さのおかげで、環境さえ良ければ、半永久的に生きていけるのです。
僕はこのシンビのたくましさをもっともっと大切にしてしんびすととして活動していこうと思ってまっす。



人生のお供に一鉢のシンビを。
そんな人がいてくれることを願って。




いや~、複線たっぷりの文章にお付き合いいただきありがとうございまっす!
今日は脳みそ半分溶けてるモードなんで、詳しくはおいおい書いていきます。
漠然としてるけど、おいらのルーツって簡単にまとめたらこんなモンなんや(笑)



ちなみに、昨日の投稿の「ゆきんこ」反響あってめっちゃうれしいです。
皆さん、ありがとうございます!

透明感がわからんとのありがた~いお言葉を頂いたので、最後に透明感をお届しやす。
d0173438_19545655.jpg

[PR]

by cymbist | 2011-01-13 19:55 | シンビ
2011年 01月 12日

フラワーバレンタイン

今年、何件かの知り合いの花屋さんと話していると、何度も耳にする言葉。

‘フラワーバレンタイン’


バレンタインって女性が男性にチョコとかお菓子をあげる日。
って思ってるけど、そんなん日本くらいのもんじゃないのか?
ま、これを習慣にしたんだから、お菓子業界の取り組みを戦略的だし、いろんな人達の努力があったろうなと思う。


世界的に見たら、バレンタインって男性から女性に花を贈る日。
子供の頃からチョコをもらえなかったしんびすとはバレンタインなる日を嫌いだったけど、、
美しい日じゃね~~か!
花業界ももっと花を皆に使ってもらおうってことで改めてPRし始めてるんだと思う。
知ってる人が少ないとせっかく渡そうと勇気を振り絞る男性がこっぱずかしくて躊躇しちゃいそうだから、皆しっかりPRしようぜぃ!!

バレンタインは男がカッコ良くなる日(笑)
花を持ってセクシーになろうぜ!

男のセクシー度増すような花作らないかんぜよ!
女性がもらってな~んか心が安らぐような花にしたいね。

って訳で、この前アップした「ゆきんこ」をちょっぴりバレンタインバージョンで一作。
d0173438_19452093.jpg



人に言う前に、まずは自分からがモットーのしんびすとは今年のバレンタインはウチのスタッフに
一鉢ずつ作って渡そうと計画中です♪
[PR]

by cymbist | 2011-01-12 19:47 | シンビ
2011年 01月 01日

年明けは和蘭が良い②♪

今年はブログ更新頻度上げると息巻いて本日2つ目。
(3日坊主にならないよう気をつけるけどもね。。。)

さてさて、年明けましたが、シンビストの所属する石田蘭園では、出荷もほぼ終わり、、、

な~んて、ありまっせん!!


石田蘭園はシンビの出荷3月いっぱいまで予定しておりまっす。
大型アーチ仕立て、立ち仕立て、テーブルシンビ、和蘭、何でもござれ~~♪

な訳ですが、今回は和蘭をちょこっとPICK UP。

d0173438_17472185.jpg
12月の「趣味の園芸」の放送でもうちの‘春一番’が出演してくれたらしい(見てない。。)。
のですが、これから、さらにいろんな品種が咲いてきて、最も品種数多くて、楽しめる時期になってきます。

和蘭の出荷は基本的にご注文いただいた場合のみ対応させていただくカタチをとっていますので、
お目見えする機会が少ないかもしれませんが、幸運にも出会えた方は、ぜひ、じっくり見て感じていただきたいと思います。

今夜中?に商品紹介Blogも立ちあげますので、そちらでも紹介していきます。
お楽しみに。



和蘭関係で、イベントのご紹介。
1月6・7日と新宿のエステック情報ビルというところで、和蘭を作りだしている種苗メーカー㈱向山蘭園さんが商品展示を行います。
アクセスマップ>http://www.stec-jbldg.co.jp/access/index.html
 
エステック情報ビル 2F
1月6日10:00~17:00
1月7日10:00~15:00

主にはクリスタルオーキッドやミニ胡蝶蘭などが多いと思うのですが、
シンビストの和蘭もいくつか置いていただける予定です。
和蘭についてのいろいろな質問にもお答えいただけると思いますので、
ご興味ある方は是非足を運んでみてください。


ブログで紹介しながら何なんですけど、実物が一番伝わります(笑)
d0173438_17483054.jpg
[PR]

by cymbist | 2011-01-01 17:52 | シンビ
2010年 06月 17日

NO CYMBI, NO LIFE!!

シンビなしの人生なんて考えられない。
本気でそう思う。


ぶっちゃけた話、幼少期から植物に全く興味がなかった僕は、ひたすらにボールを追いかけていた。
サッカー、ソフトテニス。

大学時代にいろ~んな出会いがあり、気がつけばシンビ作り熱中しまくり!!
そんな感じやね。(基本的にハマりやすい。。)
出会った人達ってゆうのは、シンビ生産者ばかりじゃない。
と、いうよりも、影響を受けたのは同業者よりもむしろ全くの異業種ばかりだ。
同業者の中でも、異端な方の影響は大分受けてきたと思う。

だから、僕は、どこの種苗メーカーの何て品種とか、どういった作型とかゆう話にはすこぶる興味がない。(種苗メーカーで研修いた身ではあるが。)
品種開発の物語はすごく好きだし、どんな育種系統であるかなどは興味があるが、どこの誰がどうだということに関しては興味があまりもてないのだ。

要は、それを自分がどう活かすのかが、自分の仕事であるはずだといつも思っている。
品種も、作り方も、そして、楽しみ方も。



いつも、シンビを考える時は、原種から勉強する。
原種だけとっても勉強することは尽きない。
交配種まで考えると、シンビの長い長い歴史があり、それを紐解いていくこともすごく楽しい。
(このブログでも原種の紹介をいろいろできたらと思う。)
d0173438_23151235.jpg


そういった偉大な先人達の偉業と、素晴らしいシンビジュームという植物の魅力を肌で感じながら、自分なりの表現方法を「現在」という時代の中で考えていく。



花の仕事って、ホンっと楽しい。


シンビを通して知り合えた仲間に、感謝!
支えてくれる家族に、感謝!
長々をアツい夜(酒?)に付き合ってくれる仲間に、感謝!
そして、シンビに、感謝!

み~んな、ありがとう!!!


これから、しんびすとのシンビ作っちゃりまっす!
真(間)心込めて作っちゃりまっす!


NO CYMBI, NO LIFE!!!

シンビ最高や~!
[PR]

by cymbist | 2010-06-17 23:16 | シンビ