そらの向こう側 ~Life of Cymbist~

cymbist.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:共達( 12 )


2011年 08月 23日

お久ぶ~り~ね。

え~、何だかいろ~んなことがあり、ブログ的にしばらくひきこもっておりました。
いや、逃げておりました(笑)


全然更新されないね。
石田くんってキャンドル屋さんになっちゃったの?

と、ありがたいお言葉の数々。

ぼちぼちっと復活します。


さてさて、春からいやなこともいろいろあった分、楽しいこと、嬉しい出会いもたくさんありました。

その一端をご紹介。



まずは、今後いろいろと絡みたいね~と意気投合したお二方がしんびすと農場に来てくださり、ブログでありがたいご紹介いただいているので、恐縮ながら、紹介させていただきます。
(どんだけ昔の話だという疑問は胸の内に秘めてお読みください。)


・画家のげんめいさん
ノスタルジックな雰囲気のげんめいさんが描く絵もまたすんばらしぃ。
曲線から感じる躍動感がまた素敵です。きっと、ライブペイントを積み重ねられているからこそじゃないかな~って勝手に思っております。
http://yaplog.jp/genmei_mina/archive/390



・グラフィックデザイナーの隊長檸檬さん
説明しがたいお方(笑)一度脳みそ開いて見せてほしい(笑)
ただ、話すほどにツボにハマり合う展開に常に楽しませていただいてまっす。
http://www.art-it.asia/u/genlemo/OKiv9Pe2QLAFEustMWZJ


お二方とはこの冬、ちょこっと悪企みを。。。乞うご期待♪
[PR]

by cymbist | 2011-08-23 21:59 | 共達
2011年 03月 01日

稲留園芸(千葉県松戸市)

関東出張行ってきました。

1泊2日の弾丸ツアー。


市場に東京ドームの世界蘭展、園芸業界若手の会に花屋さん巡り。

時々、酒かコーヒー。

家に帰ったらなぜか嘔吐三昧。食中毒かと思った。。。


ま、そんなん良いのさ~。


今回のPick Upは~、千葉県松戸市の「稲留園芸」さん。

店主の「とめさん」は笑顔が素敵でとても気さくな方です。アツいです!誠実です!


今、とめさんの所属するFFCNという花屋さんのグループ(http://www.ffcn.info/)が和蘭フェアとうたって、和蘭とり上げて、店頭で紹介してくださっているので、御礼もかねて伺いました。
本当はFFCNメンバーの他のお店にも顔を出したかったのですが、時間をとりきれず、残念です。


d0173438_21254638.jpg

上が、とめさんのお店の和蘭売り場です。
障子も自作でスポットライトもあてて、雰囲気から作ってくださっています。


新しい商材を伝えるために、とめさんの心配りが随所に見られて、とてもうれしかったです。
とめさんが自分で和蘭に関するアンケートを作り、ラッピングが花束を作る間の時間にお客さんに書いてもらう。
これって、例え、そのお客さんが和蘭を買ってくださらなくても、「和蘭と出会う」という経験になる。
そんな演出をご自身で考え、実行されていました。


出荷させてもらっている側として、僕はとてもうれしかったです。



そして、何ともサプライズだったのが、和蘭売り場の横に何と、テーブルシンビ売り場を作ってくださっていたのです。


d0173438_21315483.jpg


当日は僕のサプライズ訪問だったのに、逆サプライズ頂きました♪

しかも、僕の写真まで貼っていただいていて、感激でした♪

花の状態を見ていればわかる。いかに日々大切に商品を扱っているのか。
だから、問題のある品種もわかりやすく現れてくれるし、そのことをしっかりと伝えてくださるとめさん。

この関係を続けられる限り、宿毛にいてとめさんの顔が見えなくても、絶対の信頼をもってしんびすとのしんび届られまっす!!!


店内の光景があまりにうれしくて、ちょっと感慨深くなっちゃってたしんびすとです!


あとは。。。売れてくれ~(笑)


とめさん、近いうち、宿毛に来てくださいね♪釣り行きましょ~!




東京ドームの世界らん展で、インスピレーションかきたてられたものがあったんで、パシャリ!
d0173438_21395987.jpg

ニコライ・バーグマン氏の展示の一部。

大航海時代、ヨーロッパの貴族達はこんな感じの蘭たちをかきあつめたのだろうか。
この根、株を見て、「一体どんな花が咲くのか」と欲望をかきたてられたに違いない。
[PR]

by cymbist | 2011-03-01 21:42 | 共達
2011年 01月 29日

こんな時代だから

昨日は、先輩であり、後輩のくされ縁共達が宿毛に来てくれた。


森尾花園 森尾大次郎。
この男、めちゃめちゃええ男す。
甘いマスクの舌っ足らず。そして誠実。
さらに、ナイスセンス。(服の趣味はしんびすとと必ず合いません。)


一つ年下だけど、ま、隣にいたら完全おじさん扱いのしんびすとでした。



彼の視点はいつも新鮮。
あの舌っ足らずから繰り出される言葉はしんびすとには凶器に感じることがしばしば。

刺激とパワーもらいました♪
あんがとね~。



こんな時代だからこそ、立ちあがり、うねっていかなきゃいかんぜよ。
龍が如く。
d0173438_181414.jpg

[PR]

by cymbist | 2011-01-29 18:12 | 共達
2011年 01月 25日

今日はきっと幸せな日

d0173438_20454485.jpg



今日はきっと、幸せな日。


そんな気がする。


信頼する人との長電話。

尊敬する人からの指摘のメール。

仲の良い共達が来る期待感。

スタッフの笑顔。

ちょっと気に入った作品。

よく乾いた洗濯物(笑)




今日はきっと、幸せな日。
[PR]

by cymbist | 2011-01-25 20:51 | 共達
2011年 01月 16日

必生の思いで

昨日、1月15日は共の門出があった。

同級生の加藤漠という男。
彼は今度の高知県議会議員選挙に出馬する。

彼の後援会事務所の事務所開きが昨日あった。
残念ながら、仕事で会自体には出席できなかったけど、朝の内に激励の花を持っていって、少し話した。


2010年の4月に宿毛に帰ってきてから、毎日のように辻立ちをし、1件1件訪問して宿毛市、大月町、三原村の生の声に耳を傾け続けた彼が、いよいよ選挙に向け本格始動の態勢に入った。
不安ももちろんあるけど、おびえではなく、静かに武者奮いをしているような、彼の眼差しと胸を張りきらないけど伸びた背筋、そして言葉の一つ一つだった。


立たされている状況は厳しく、風当たりも激しいことだろう。


選挙といえば、‘必勝祈願’なんて言葉を添えた花やお酒等などを選挙戦のTV中継先の事務所風景でよく目にするが、僕は彼に何も言葉を添えなかった。



僕はどんな状況下でも、政治家として生き抜く彼を応援したい。
必ず、生き抜いてほしいと。
そんな思いで花をおくりたかったから、必勝という言葉が何か矛盾している気がした。


市政、県政、お国の政治を学んで、何とかせないかんと立ちあがったその時から、立派な政治家やけんね!
これからの活動楽しみに見させてもらうで。

がんばれ、ばく!
[PR]

by cymbist | 2011-01-16 17:42 | 共達
2010年 10月 08日

青山フラワーマーケット松戸店

2010年、8月某日、千葉県松戸市にて。

今年、マーケットに初登場の新品種のシンビがある。
d0173438_20375314.jpg

「かふぇのあ」
ボルドーのような深い赤色で小輪の品種。
山梨県の種苗メーカー向山蘭園で僕が研修していた時に惚れ込んで、会社にどうしても作りたいと頼みこんだ思い入れある品種。
この品種の名前を、青山フラワーマーケットのスタッフさんに募集してみたところ、見事採用されたのが、「かふぇのあ」という名前だ。

「かふぇのあ」。。。聞き馴染みのない名前だけど、何だか耳に残る不思議な名前。
フランス語でコーヒーとくるみという意味だそうだ。

この素敵な名前を付けてくれたスタッフさんが、何と、千葉県の松戸店にいるらしい。
松戸は僕が学生時代の3年間を過ごした街。
な~んか、縁があるな。。

という訳で、松戸店行ってきました!

名づけ親の秋葉さん。
笑顔がとても素敵な方で、なんとなくですが、かふぇのあって言葉が浮かんだのが納得できました。
しかもうれしいことに、秋葉さんは花の名付け親になることが一つの夢だったそうで、本当になることができて、とてもうれしいと言ってくれました。


何だか、不思議に運命でつながれた「かふぇのあ」が、この冬、どんな物語を作ってくれるのか楽しみです。

店長の荒木さんもとても積極的で、かふぇのあの。。。まで作ってくださるとのこと。
うれっし~!!
年末か年明けに、もしかしたら、松戸店の売り子で僕がいるかもしれません(笑)

真ん中がシンビストで、左が名付け親の秋葉さん、右が店長の荒木さんです。
皆さん、お忙しいところありがとうございました~!
d0173438_2037097.jpg

[PR]

by cymbist | 2010-10-08 20:41 | 共達
2010年 10月 08日

SeedSeedさん②

2010年、8月某日、埼玉県蕨市にて。

一度、紹介させていただきましたが、埼玉県のお花屋さん、SeedSeedさんにお邪魔してきました。
当日は、教室があるということで、ものっすごい無理を言って、早朝からお邪魔してしまいました(汗)

シードさんとは今まで3度程お会いしたことがあったのですが、お店にお邪魔するのは初めてでした。

店の隅々まで、シードさんの人柄に溢れ、気配りがされていました。
かわいいのなんの。

ここに飾ってもらえて、ミニグラマトも良かったなぁって感動しました。

この冬には和蘭やシンビ達もぜひ飾ってもらいたいです!
蕨市で宿毛の話がされていることを考えると、とてもうれしくなります♪

また、近々、お会いする気がしてなりません(笑)

シードさん、ありがとうございました~♪
蕨市近郊の皆さん、頼りになるアドバイザーさんですので、お花のことで悩みの方は相談されてみてはいかがでしょうか?
シードさんの人柄に癒されますよ~♪
d0173438_1953246.jpg

お店に置いていた春芳bySeedSeed
個人的にめちゃ好きな雰囲気でした。
d0173438_2013168.jpg

[PR]

by cymbist | 2010-10-08 20:08 | 共達
2010年 10月 08日

羽衣洋蘭園さん

2010年、8月某日、八ヶ岳にて。

日頃から親しくしていただいている羽衣洋蘭園の渡辺さんに会ってきました。
「渡辺さん、泊めてください」と無理なお願いに快く迎えてくださった渡辺さんに感謝です。


二人きりで語りに語った一晩。
ほんとに短い時間でしたけど、たくさんの気づきがありました。


僕と渡辺さんとの出会いはもう3年前になりますが、山梨での研修の終わる直前に農場を
拝見させていただきました。
初めて会った時からというのは変な話かもしれませんが、自分にもわからないくらいの信頼感が
渡辺さんに対してありました。

今回、その不思議がわかるようなことが話できて、何だかパズルの大切なピースが埋まった感じです。

渡辺さん、遅くなりましたが、素晴らしい時間をありがとうございました。
そして、チャイ、めちゃめちゃおいしかったです♪
ごちそうさまでした。

絶対また行くので、その時はまたよろしくお願いします!
d0173438_1933941.jpg

最後に、朝、散歩中に出会ったきのこ。
d0173438_19341750.jpg

[PR]

by cymbist | 2010-10-08 19:37 | 共達
2010年 09月 29日

STANDARDWORKS.

2010年、8月某日、大阪にて。

STANDARDWORKS.寿野さんと打ち合わせ。

寿野さんとのきっかけはあるアパレルブランドのブログ。
ビビッと興味が湧いて、大阪市東淀川区にある工場に押しかけた。

内装、外装の枠を飛び越えて、自身のこだわりと顧客のイメージとの着地点を誠実に探す方。

良いモノ作りできそうです。


寿野さんのお仕事はHPにて、ご覧ください。
http://standardworks.moo.jp/
かっこいいっすよ。




僕の依頼は、30年付き合えるテーブル。
どんなテーブルになるのか楽しみ。
[PR]

by cymbist | 2010-09-29 08:27 | 共達
2010年 09月 23日

感染列島2010夏②

本日、秋分の日。
秋分の日を中日として、前後3日合わせた7日間を彼岸というらしい。
彼岸といえば、お供え物のおはぎっしょ!
ウチのばぁちゃんのおはぎは日本一っす!

さて、感染列島第2回は滋賀県甲賀市信楽町で陶器鉢の製造をされている㈱加陶さん。
近年、洋蘭の鉢物では、陶器鉢に入れて価値をつけることが主流となっている。
現在のライフスタイルの中では、モダンと安易に解釈されやすいモノクロなものが一般的と
されているが、僕はやっぱり日本の各地で試行錯誤され、進んできた焼物としての陶器鉢も好きだ。

せっかく「鉢物(ハチモノ)」と言ってるんだから。
鉢にも思いを!鉢にも物語を!

そんな思いを感じたくて、信楽町の㈱加陶さんを訪ねた。
わずかに3時間くらいの時間だったとは思うけれど、その間、加藤善久社長、加藤恵子さん、
デザイナーの仁村さんの3名が相手してくださり、それぞれの思いを伺うことができた。

特に、感動したのは善久社長の陶器に対する情熱。ビジネスに対するこだわり。
今現在、洋蘭鉢物が立っている状況を考えた上でも、共感できることがいくつかあり、今後
思いのこもった商品作りに一役かってくれそうな予感がした。


加藤恵子さんも恵子さんなりの思いで信楽焼という文化的地場の上に立ち、自身の取り組みたいことを新しいブランド「プラスガーデン」としてさらに昇華させて取り組もうとされている。
ご興味ある方はhttp://www.plusgarden.jp/index.htmをご覧ください。


焼物を取り巻く環境もとても大変な状況だと思う。
けれど、意識あるモノ作りを継続して、何とかこの時代を乗り切る。そんな気概に共感した。

今後、石田蘭園×加陶で感動につながる「鉢物」表現を目指していきましょう!
[PR]

by cymbist | 2010-09-23 14:02 | 共達