そらの向こう側 ~Life of Cymbist~

cymbist.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 21日

土佐カンランの里・宿毛

グラマトも一段落して、明日から山上げです。
少し遅くなったけれど、そんなにあわてる天気でもなかったですね。
明日から張り切って山通いです。

石田蘭園は片道3時間かけて高知県と愛媛県の県境付近の梼原町という所にシンビ達を避暑させに行きます。山上げ場の前の道が坂本龍馬脱藩の道になっています。
山上げ場から車で5分ほど登ると龍馬が脱藩したまさにその場所、韮ヶ峠があります。
水もとてもきれいで、以前は四万十川の源流点と言われていた場所が近くにあったのですが、現在は別の源流点が見つかったため、源流点ではありませんが、近くの川は四万川と言います。
現地の方は昔、「四万川みたいな川がよぉけ(たくさん)集まって四万十川になったがよ~。」と言っていました。僕は、その話が子供ながらに好きでした。
そんな山奥深い場所に年間70回くらい行きます。
毎年、いろんな光景を見ることができます。
シンビ作りの醍醐味の一つかもしれませんね。


さてさて、今日はカンランのお話を少し。
僕の住む高知県宿毛市は土佐カンランの里と言って良いくらい、たくさんのカンランが昔はありました。
土佐カンランの銘品の中でも超がつくほど有名なものに桃花の「日光」と素心花の「豊雪」があります。これらも宿毛で発見されたものですし、他にもたくさんの銘品が発見されています。

これほどに多く、またバラエティーに富んだカンランがあるということは、様々な条件で宿毛はカンランにとって生きていきやすい環境だったということですね。
黒潮の存在、海からの距離、温度、湿度、土壌、他の自生植物etc。

しかし、あまりに素晴らしいカンランが発見されるので、蘭ブームの頃(50年前くらいでしょうか)に
乱(蘭)獲が起こり、山からカンランが消えてしまうくらいに減ってしまいました。一時は趣味家もブローカ―もこぞって獲りまくったそうです。銘品が発見された谷なんかは何かの闘いの後のように、
掘り起こされた穴だらけの景色になっていたそうです。時代という言葉で片付けたくない悲しい事実です。

しかし、そんな危機的状況に瀕しても、カンランは山のどこかで息を潜め、また次、芽を出し、葉を広げ、寒風に揺れるあの凛とした姿を見せてくれるべく、生きているのです。
だから、今でも、たまにどこかの谷で見つかったなんて話を聞きます。

ちなみに近所のおじさんはカンランの趣味家が多いです。
近所のおんちゃんはランハンター。

最近の趣味家の方々はとても健全な感じがします。
むげに獲らないし、家の裏の小さなスペースで満足そうに栽培しています。
去年、地域の草刈りをしていた時に、山際の斜面にカンランを見つけた時も、趣味家のおんちゃんが、
「これは、まだ小さいし、この辺には少なくなってしもうたし、置いちょこうや。」と言って、獲りませんでした。おんちゃん、かっこえ~よ!!


カンランはまだ生きている。やっぱり宿毛は土佐カンランの里や!
大切にせないかん!

次回は、僕のライフワークの一つ、カンランの山再生活動について書こうかなぁ。
d0173438_20423596.jpg

[PR]

by cymbist | 2010-07-21 20:42 | カンラン計画
2010年 07月 19日

SeedSeedさん

埼玉県蕨市にて花屋さんを営んでおられるSeedSeedさんが、
めっちゃめちゃうれしいことに、ミニグラマトのご紹介をBlogでしてくださいました。

http://www.seedseed.com/blog/

シードさんはとてもおっとり優しい印象をうける方で、芯もしっかりとお持ちの方で、花屋さんとして懸命に仕事されています。

シードさんとは一昨年の和蘭会議で初めてお会いして、今年の春前のFFCNさんの会議でばったり再会し、うれしくお話させていただきました。
たまにメールやツイッタ―で連絡とったり、最終お電話で念願の初納品させていただいたミニグラマトをとても喜んでいただけたみたいで、僕もうれしくてたまりません。

ミニグラマトは個人的にかなり思い込めた挑戦なので、こうして実際に癒されてくれる方がいることを知れてとてもうれしいです。

シードさん、これからもよろしくお願いしますね♪
しんびすとのシンビをお楽しみに(笑)
[PR]

by cymbist | 2010-07-19 20:54 | 共達
2010年 07月 19日

mow candle

7月17日にトモダチの結婚式のため姫路に行ってきた。
陽ちゃん、カオパ結婚おめでと~!!
最高の夫婦やね!
俺泣き過ぎましたよ、はい。
涙もろいっす。
陽ちゃん、カオパたまには宿毛にも遊びにきてや!

d0173438_20385730.jpg




さてさて、姫路に向かう途中、伊野に寄り道。
前々から連絡させてもらってて、めちゃめちゃ会いたかったmow candle村山さんに会うために。

伊野ICから車で仁淀川沿いを上ること30分、仁淀川に面したすっばらしい場所に、超味わいある佇まいのショップがあります。
並んでるキャンドルは一目見た瞬間にひきつけられるパワーを感じます。
ショップの中から若きキャンドル職人、村山さんが出てきて迎えてくれました。


d0173438_20394460.jpg
d0173438_20403135.jpg


いろいろと話したかったことをさせていただいたり、2人でモノ作りについて語ったりと、ノンストップで2時間超え。

この時間がずっと続いて~と本気で思ったっす。

モノ作りに関しても、イベントに関してもいろんな刺激をいただきました。

キャンドルと花、そして音楽をからめたイベントを必ず実行するっす!

村山さんのキャンドルに調和する作品、反発する作品いろいろ作ってみよう。
・・違うな。俺の作品をとにかく作ってみることやね。
横に置いてみて、どんな化学反応が起こるか。
見てくれる人がどう感じるか。
どんな光景が見れるかな♪
咲顔がたくさんあると良いな~♪


村山さんのキャンドルは村山さんそのものって感じがした。
ホンマにええ男っす!

最高の時間でした!
また、行きます!

お願いした例のモノ、楽しみにしています。


高知県、盛り上げていきましょ~!!!
[PR]

by cymbist | 2010-07-19 20:42 | 共達
2010年 07月 13日

一滴の雫

気付けば、下半期突入。。
気付くの遅過ぎ。

時期ものの出荷の忙しさに追われ、嵐のごとく過ぎ去る日々を感じる度に、これで良いのかと自分に問いかける。
一日のうちのどこかに余白を作ることを考えたいもの。

忙しい時ほどに感じるけど、今日課にしている、朝の一筆(筆ペン)と、夜の目を閉じて何もしない時間がむちゃくちゃにありがたい。
やっぱり、余白って必要やね~。


うん、気分がのってきたから、ちょっと書いてみよう。

先週瞑想しながら考えてみたこと。




何も起こっていない、静かな水面がある。

そこに、どこからか一滴の雫が落ちる。

雫が落ちると、水面が割れて、360度に波を起こす。

雫が落ちた瞬間、小さな水滴が散る。

波は幾重にも連なり波紋になる。

波紋はどんどん広がっていき、だんだん勢いを弱め、いつかなくなる。

そしてまた、静かな水面が、ある。



もともと落ちた雫は何処へ?

落ちてそのまま水中で馴染んだのだろう。




水滴が何滴も落ちたらどうなる?

水滴が作る波紋同士が交わり、また異なる波紋を作る。

波紋がどんどん交わり、うねりを作る。

絶え間なく水滴が落ちれば、静かな水面はなく、変化し続ける「動の水面」ができる。





俺は、花の生産ゆう仕事をしながら、変化し続けたい。変化させ続けたい。

さてさて、じゃあ、俺は何になりたいがやろ?

落ちる水滴?

水滴を落とす人?

はじける水しぶき?

広がる波紋の一部?

「動」とは関係ない大半の「静」の部分?



いろんな役目を担わないといかんがやろうけど、俺は一番波紋の一部になりたいねぇ。

どんどん広がって、別の波とどんどんぶつかって、うねりたいがよねぇ。

うねって、うねって、「動の世界」を作っちゃるがよ~。



理想の花は「静かな花」。

静かな中に、動きがある。

植物がもっている魅力。

「静かな花」で「動の世界」を作る。

これって、矛盾?

じゃないろ。


うねるべしやろ!

グルーブすべしやろ!

アンテナ立てまくるべしやろ~!


今日も、ありがとう!!
[PR]

by cymbist | 2010-07-13 21:42 | その他